神奈川工科大学電気電子情報工学科ウェブサイト
電気電子入門講座

神奈川工科大学電気電子情報工学科における入学前教育

大学の学習をスムーズにスタートさせよう!

introductory2.jpg

講座の目的

本講座は、高校までの学習で不足している部分を補強して、本学の電気電子情報工学の学習につなげることを目的として開講しています。

実施時期

毎年3月中旬に4日間実施。


コース内容

コースはABの2つに分類されて行われます。

A 主に工業系の高校出身者向け

工業系の高校出身者向けに、数学・物理などいわゆる工学基礎科目について、その必要性を学び、入学後の学習への動機付けを行います。測定機器や電子機器を用いた実験からスタートし、さらにパソコンのシミュレーションにより電気・電子の物理現象を理解します。

テーマ 学習・実験内容
1日目 太陽電池の最大電力(その1) 太陽電池からの最大電力の取り出しに関する実験
2日目 太陽電池の最大電力(その2) PCを用いて最大電力に関するシミュレーション解析
3日目 太陽電池の最大量(その1) 太陽電池からの最大電力の取り出しに関する実験
4日目 太陽電池の最大量(その2) PCを用いて最大電力に関するシミュレーション解析

B 主に普通科の高校出身者向け

はじめて電気・電子を学ぶ人のためのコースです。電気実験のやり方や基礎理論などを学び、電気・電子工学への不安を取り除いて、入学後の学修をスムーズにスタートしてもらうことを目的にしています。オームの法則など電気の基礎理論や半田ごて、測定機器の使い方なども学びます。

テーマ 学習・実験内容
1日目 電気の常識 テスターの使い方、オームの法則、極性についての理解
2日目 太陽光パネルの実験 太陽電池パネルを用いて設置台を製作し発電実験を行う
3日目 直流・交流の実験 音を聞き測定し、振幅、周波数、波形、位相の理解(エネルギーの変換)
4日目 マイコン回路 PICマイコンを使って簡単な回路を製作しマイコンの役割の理解

授業風景

educationsystem-title3.jpg


注意事項

本講座は、全15回中1/3以上欠席すると単位が認められません。
大学と同じ15回(1回90分)の講義回数で行います。
15回を4日間で集中的に行います。


電気電子入門講座お申込み

こちらから